BeeBlood えびんちゅのレッドビーシュリンプ飼育日記

レッドビーシュリンプと日常を綴ったブログ

06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

カレンダー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リセット記録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

抱卵の舞から脱皮不全の惨状を見た>< 

こんばんは^^

娘と祖父とお祭りに行ってきました。

えびんちゅです。

昨日の事ですが、

水槽を眺めていると一匹のレッドビーのメスが脱皮しました。

そして抱卵の舞い。


ここまでは良くある風景でした。。。



うちでは推定最古参のレッドビービックママさんがいます。
抱卵しなくなって結構経つのかな?


普段は抱卵の舞いが始まってもひっくり返せる大きさの雄もいないため、見向きもされないのです。
大きいだけでなく相当高齢なのかもしれません。


そんな高齢ママに一匹の雄が挑みました。
もちろんひっくり返せるわけもなく、ビックママは悠然とツマツマしていました。

そこで事件がおきたのです。

襲い掛かった雄がビックママの背中にしがみついています。
数十秒経ってもしがみついています。

そこへもう一匹の雄が襲い掛かりました。
その時点で半分ひっくり返ってるのですが、
そこへすかさずもう一匹襲い掛かりました。

都合5匹ぐらいがエビ団子のごとく襲い掛かっています。

するとビッグママの体から何かヌルッ出てきました!



何これ?



はじめてみる光景です。




何が起こったのか理解するのに数秒かかりました。


脱皮したのです。
しかし、雄に覆いかぶさられている為に、
殻をうまく脱ぐことができなかったのでしょう。

脱皮殻が脚に絡まりついているようです。
それでも必死に数匹の雄に襲い掛かられながらも脚に絡まった脱皮殻を脱ごうともがいています。

そして動きが止まりました。。。





これはヤバイかも!





水槽の奥での出来事だったので、
網をとるため目を離しました。


ほんの数秒目を離しただけですが、
脚に絡まった脱皮殻が離れていました。

しかし脱皮殻がかなり赤いのです。
襲われたビックママを救い出し水槽の中の先ほどの脱皮殻を凝視してみました。



脱皮殻の脚の部分が赤い。

なんで?

ふと、ビックママのいる網のなかを覗いてみました。




脚がない!?

えー?



えー?

なに?
なんで?



そうです。
脱皮に失敗し、脚に絡まっていて、
雄との格闘もあったため、
殻が脚ごととれてしまったようです><




IMG_2767.jpg
ストレスのせいか、白だった部分もほんのり赤くなっています。


エビの脚何本あるかご存知ですか?
10本ですよね。


左右の第3第4第5胸脚が無くなっているようです。
この6本は体重を支える脚ですね。

写真では第1胸と脚第2胸脚は残ってるようですが、
機能するかはまだ判りません。
今のところ動いている様子は見受けられません;;


今は底面サテライトにて隔離していますが、
生きて欲しいです。
子供産まなくてもいいんです。

寿命全うして欲しいですね。

しかし、生きていけるのだろうか?
次の脱皮を迎えることができたなら少しは脚が伸びると思います。
全快して欲しいな><


↓回復祈願ポチおねがいします><↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ

スポンサーサイト

テーマ: レッドビーシュリンプ

ジャンル: ペット

タグ: 水槽  アクアリウム  稚エビ  シュリンプ  サテライト  アマゾニア  底面  レッドビー  抱卵  孵化 

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。